集落内に堀発見

豊橋の若宮・境松遺跡/東海で2例目/「結界」一体感醸成目的か/新学説裏付けへ有力な証拠にも/海上交通含めた物流拠点

2015/01/09

集落内を横切る堀

 弥生時代後期の環濠集落跡とされる豊橋市牟呂町の若宮・境松遺跡で、集落内を横切るような堀が見つかった。環濠集落の内部で堀が確認された遺跡は東海地方で2例目。専門家は、防御以外の堀の役割を示す証拠になりうるとして注目している。10日に現地で説...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2015/01/09 のニュース

集落内を横切る堀

環濠から出土した土器。壺などを置いた台で、関東産とみられる

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.