連携して販路開拓へ

三遠南信地域/東南アジア向け食品きょう初の商談会/シンガポールのバイヤー招き/切れ目なき供給体制構築カギ

2016/11/30

生産者から柿の説明を聞くシンガポールのバイヤーら

 東三河と遠州(静岡県西部)、南信州(長野県南部)の、いわゆる三遠南信地域は連携して、東南アジア向けに食品の販路開拓に乗り出す。農産物などの品数や時期に幅を持たせ、切れ目のない供給体制で取り引きをしやすくする狙い。30日にはシンガポールのバ...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2016/11/30 のニュース

生産者から柿の説明を聞くシンガポールのバイヤーら

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.