電子連絡帳スタートから4年

東三河全域で高まる必要性/在宅医療支える質の高い連携/市の枠超えた動きも

2017/08/05

ネットワークについて話をする左から堀川さん、岡本課長補佐、松山係長(在宅医療連携推進センターで)

 東三河の8市町村が自治体ごとに支部を置いて活用している「東三河ほいっぷネットワーク」(東三河電子連絡帳協議会)。在宅患者に携わる多職種の人たちが情報をインターネット上で共有する電子連絡帳のシステムスタートから4年がたった。東三河広域連合が...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/08/05 のニュース

ネットワークについて話をする左から堀川さん、岡本課長補佐、松山係長(在宅医療連携推進センターで)

電子連絡帳のデモ画面

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.