小林被告に懲役1年6カ月

豊橋市の死体遺棄で名地裁支部判決/「悪質性高く実刑相当」

2019/03/15

 父親の死体を三河湾へ投棄し死体遺棄の罪に問われていた、豊橋市の小林大介被告(32)の判決公判が14日、名古屋地裁豊橋支部(明日利佳裁判官)で開かれた。明日裁判官は、懲役1年6カ月(求刑懲役2年6カ月)の判決を言い渡した。 判決理由で、被告...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/03/15 のニュース

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP