後継者不足どこ吹く風

【視点】若さと徹底した品質管理で日本一/バラ一大産地・豊川の「生命線」に潜入

2019/04/01

品質検査を行う生産者とJA職員

 春は入学式や歓送迎会など、新たな門出を祝って花を贈る機会が増える。特別な日の贈り物として人気の高いバラの花。栽培が高コストで撤退を強いられる産地もあるなか、国内1位の生産量を誇る豊川市では、農業者の若さを強みに先進的な取り組みを進めている...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/04/01 のニュース

品質検査を行う生産者とJA職員

「とよかわバラ」のPR動画の一場面

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.