高校生のための地元企業紹介「SOURCE」 

ソース企画連載特集トップインタビュー

⑩大平経営会計事務所/大平吉郎所長「いつの時代も中小同族企業の経営を支援」

2019/05/20

 1972(昭和47)年の事務所設立以来、45年以上にわたって、同族企業を中心とする中小企業の経営指導、経営支援を生涯の務めとし、今日まで過ごしてまいりました。

 社訓は「感謝報恩」。常に感謝の気持ちを忘れず、「安心と希望を提供する」というキャッチフレーズを掲げ、日々、お客さまのために業務に励んでいます。

 私が考案した「大平式会計理論」は、誰にでも分かりやすいように会計管理を解説した独自の手法です。大平式理論をもとに、企業の毎月のお金の動きが分かる月次資料を提供するなど、さまざまな形で経営支援をしています。現在は九州から北海道まで顧問先(お客さま)は800件以上にものぼっています。

 当社は良くも悪くも「こき使い主義」です。何事も経験するのが一番と考えているので、入社後すぐから何でもやらせますが、その分、入社5、6年目でするような仕事を1年目から経験できるので、成長スピードも早いのが特長です。

 さらに若手が若手を指導することにより、お互いに成長できる土壌があります。自ら考え、動き、一人ひとりが成長できる会社なのです。

 今一番気になるのはスマホでカード決済など、ITを駆使した金融サービス=フィンテックの動向です。

 時代の変化はめまぐるしいですが今後もフィンテック時代に対応し、必ず勝ち残れるようお客様の経営支援を続けていきたいと思います。

 ※大平経営会計事務所=豊橋市下地町字横山45―1、TEL0532(53)5333、財務会計、事業承継、人事・労務、保険など各種経営支援

2019/05/20 のニュース

大平吉郎所長

有料会員募集

東三河合同企業説明会

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.