地域の森を守ろう

オーギヤが市民参加の森づくりイベント開く

2020/09/29

作業をする参加者ら(提供)

 社会貢献活動の一つとしてオーギヤ(豊橋市広小路1、大木伸浩社長)は27日、市内大岩町の国有林で市民参加による森づくりイベントを開いた。今年で12回目。社員4人と市民37人の計41人が参加した。

 作業に先立ち、大木社長が「今まで一度も雨が降ったことがないのが自慢だが、きょうも晴れて良かった。三密とは無縁の自然の中で張り切って作業をしましょう」とあいさつした。その後、NPO法人「穂の国森づくりの会」のメンバーが、森林の状況や作業について説明した。ここ10年ほど同じフィールドで作業が行われており、整備はかなり進んでいるという。

 今年の作業のメインは下草刈り。参加者らは剪定(せんてい)ばさみで茂ったササなどを刈り取った。参加した社員の江崎雅英さんは「長年続け、フィールドに愛着もわいている。これからも頑張りたい」と話した。

2020/09/29 のニュース

作業をする参加者ら(提供)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.