自筆の歌碑完成

江戸時代後期の国学者・草鹿砥宣隆/本宮山登山口に砥鹿神社 厳かに竣工祭

2021/12/05

厳かに執り行われた竣工祭(本宮山登山口で)

 豊川市一宮町の砥鹿神社は、神主を代々務めた草鹿砥(くさかど)家に生まれ、平田篤胤(ひらたあつたね)の門人として学んだ江戸時代後期の国学者、草砥鹿宣隆の歌碑を、奥宮がある本宮山の登山口に完成させた。4日に竣工祭があり、神社関係者など約20人...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/12/05 のニュース

厳かに執り行われた竣工祭(本宮山登山口で)

草鹿砥宣隆の自筆の歌碑(同)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.