落ち込む消費 廃棄懸念に「待った」

市職員が地元産牛乳購入/「料理など利用を」消費者へ呼びかけも/田原

2021/12/19

牛乳を受け取る市職員ら(田原市役所で)

 新型コロナウイルスの影響で牛乳の消費が落ち込んでおり、田原市職員が地元産の「どうまい牛乳」を購入し、消費拡大に協力した。 牛乳や乳製品の原料になる生乳。過去のバター不足から生産を増やしてきた一方で、コロナ禍で業務用需要が減り、年末年始には...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/12/19 のニュース

牛乳を受け取る市職員ら(田原市役所で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.