イチゴの生育状況 AIで数値化

葉量など自動計測アプリ開発/豊橋技科大・高山弘太郎教授ら研究グループ/ベータ版無料公開

2021/12/19

ベータ版アプリの画像。葉の面積や草高を計測できる(豊橋技術科学大学提供)

 豊橋技術科学大学機械工学系の高山弘太郎教授らの研究グループは、スマートフォンと人工知能(AI)を使ってイチゴの生育状況を数値的に計測し、栽培方法の調整や収穫量の予測に活用できるアプリの開発を進めている。17日からベータ(試供)版の無償公開...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/12/19 のニュース

ベータ版アプリの画像。葉の面積や草高を計測できる(豊橋技術科学大学提供)

高山弘太郎教授

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.