鮎滝で笠網漁始まる

新城市無形文化財/昨年同様 豊漁スタート

2022/06/02

鮎滝かぶり笠姿で漁(新城市出沢の鮎滝で)

 約400年続く鮎の伝統漁法「笠網漁(かさあみりょう)」が1日、新城市出沢、豊川上流(寒狭川)の幅2メートル、高さ4メートルの鮎滝(あゆたき)で始まった。 同市指定無形文化財の笠網漁は、川を上ってくるアユの習性を利用し、約4㍍の竹竿の先に網...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2022/06/02 のニュース

鮎滝かぶり笠姿で漁(新城市出沢の鮎滝で)

笠網で獲れたアユ(同)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.