『松本零士展』1万人達成

豊橋市美博、記念セレモニー開く

2017/10/14

 豊橋市美術博物館で開催中の「漫画界のレジェンド 松本零士展」の入場者数が13日、1万人を達成し、記念セレモニーがあった。

 1万人目となった阿久比町の会社員近藤英典さん(53)に、金田英樹副市長から松本さんのサイン色紙とTシャツ、展覧会図録が贈られた。

 近藤さんは妻の浩子さん(50)と初めて来館。中学2年から松本作品のファンといい、その魅力を「画力がすごい。ストーリーもうまい」と熱っぽく語った。

 9月2日に開幕した同展では直筆の漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを展示。市は今月22日までの会期中に1万5000人の来場を目標に掲げる。

 金田副市長は「国民的漫画家の画業を展示しているので、ぜひ来館を」と呼びかける。一般・大学生1000円、小中高校生400円。

2017/10/14 のニュース

金田副市長㊨から記念品を受け取った近藤英典さん㊧と浩子さん(豊橋市美術博物館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.