投票の大切さと意味体感

豊橋特別支援学校山嶺教室で出前選挙トーク/県選管

2018/07/11

 県選挙管理委員会による授業「出前選挙トーク」が9日、設楽町清崎の豊橋特別支援学校(白濱菜穂子校長)の分教室・山嶺教室であった。模擬選挙によって、障害のある高等部の生徒4人が選挙への関心を深めた。 授業は、選挙の意味と大切さを知ってもらうの...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/07/11 のニュース

模擬投票をする生徒たち(設楽町の田口高校内の県立豊橋特別支援学校山嶺教室で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.