市制施行112周年祝う

豊橋市が記念式典

2018/08/02

 市制施行から1日で112周年を迎えた豊橋市は、市公会堂で記念式典を開いた。

 市政と市民福祉に功労のあった市勢功労者6人と、教育・体育・文化の各分野の振興・発展に貢献した15人、2団体を表彰した。

 式典では、いずれも市内の牟呂小学校合唱部と羽田中学校オーケストラ部が歌と演奏を披露し、祝いの席に華を添えた。

 豊橋市は1906(明治39)年8月1日、全国で62番目、県内2番目の市として誕生した。当時に比べ、人口は約10倍の37万7199人(先月1日時点)に増え、東三河の中核都市に発展した。

2018/08/02 のニュース

佐原光一市長(左端)から表彰状を受け取る市勢功労者=豊橋市公会堂で

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.