龍拈寺で箸供養執り行う

毎日使う箸に感謝の気持ちを

2015/08/06

法要の後、火が入れられる箸供養の様子(龍拈寺で)

 食物と口の橋渡しをする道具「箸」。この身近な道具に感謝の意を示そうと「箸の日」(8月4日)に合わせた4日夕、豊橋市新吉町の龍拈寺で箸供養が執り行われた。 40年以上続くこの箸供養は、割箸製造卸問屋・外食産業関連資材卸藤本商會本店(藤本孝宏...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2015/08/06 のニュース

法要の後、火が入れられる箸供養の様子(龍拈寺で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.