被告に懲役5年求刑

新城の死体遺棄事件で論告求刑/弁護側は暴力否定/名地裁豊橋支部

2017/03/01

 2015年に新城市七郷一色の廃屋に、近くに住む荻野サクコさん(当時71)の遺体を捨てたとして、死体遺棄などの罪に問われている、住所不定無職の影山友美被告(42)の論告求刑公判が2月28日、名古屋地裁豊橋支部で開かれた。検察側は「身勝手極ま...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/03/01 のニュース

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.