豊川海軍工廠平和公園が開園

悲劇の舞台から平和の象徴に/記憶の継承に決意新た

2018/06/10

代田小学校6年生による合唱(豊川海軍工廠平和公園・平和交流館前で)

 1945年8月7日の米軍の空襲で2500人以上が犠牲となった豊川市の海軍工廠の跡地(穂ノ原3丁目)が整備され、「豊川海軍工廠平和公園」が9日、開園した。当時の工員のほか、元土地所有者側の名古屋大学の木村彰吾副総長や学生が犠牲になった早稲田...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/06/10 のニュース

代田小学校6年生による合唱(豊川海軍工廠平和公園・平和交流館前で)

朗読した伊藤さん㊧と元養成工員の森田さん(同公園・後ろは戦争遺跡の旧第1火薬庫)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.