ふるさと納税「モノ」から「コト」へ

豊川市 体験型返礼充実へシフト/消防署「なりきり体験」に東京都から親子で児童参加/申し込みまだ少数―PR方法など工夫必須

2018/11/06

隊員らと一緒に記念写真に収まる慶裕君(豊川市消防本署で)

 ふるさと納税で豊川市は「体験型」返礼の充実に乗り出した。市民が市外の返礼品を求め他市への寄付が多く、市がその分を税で控除する「赤字状態」を是正するためだ。市内から寄付を呼び込むため消防署の「なりきり体験」には、東京都から予想外の申し込みが...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/11/06 のニュース

隊員らと一緒に記念写真に収まる慶裕君(豊川市消防本署で)

放水を体験する慶裕君(同)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.