外国人児童の将来のために

楽しみながら日本語学習/アプリを使って絵本作りに挑戦/豊橋市内の図書館がワークショップ

2019/02/16

 外国人が増えている豊橋市で、市中央図書館(伊藤孝良館長)など市内の図書館が、外国人児童を対象にアプリを使って絵本をつくる出前ワークショップを開いている。日本語も覚えられ、「楽しい」と参加する児童が増えており、好評だ。こうした取り組みは全国...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/02/16 のニュース

カンド・アリッサさんを指導する伊藤館長㊨

作った絵本を見せるカンバオ・ルティさん

タブレット用アプリで作成した絵本

有料会員募集

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.