【ティーズ】番組から 

適切な指導法を学び野球楽しむ

豊橋野球「心と絆の会」講習会

2019/04/19

【穂の国スポーツ】
 豊橋野球「心と絆の会」(熊谷雅之委員長)は3月25日、豊橋市石巻運動広場で中学校の軟式野球部を指導する顧問や部員らを対象に第2回の講習会を開いた。

 同市内の各中学校では、少子化の影響もあり部員数が年々減り続け、野球の指導経験が少ない顧問も増え、野球部の人気が落ちている。

 講習会では、軟式野球部の立て直しを図るため、実行委のスタッフが参加17校の選手たちに基本的な野球の動作を指導し、指導経験が乏しい若手顧問へ適切な指導法を伝えた。

 熊谷委員長の呼びかけで2017年8月に会を立ち上げ、昨年3月に東田球場で第1回の講習会を実施。内・外野手に守備や走塁の技術を教え、実際の試合映像を見せて采配の仕方などを指導した。

 講習会に参加した中学校では、それまで市内大会や東三河大会の1回戦で負けていたチームが、中学総体の県大会に出場した実績もあり、地道な取り組みが徐々に浸透している。

 野球部の活性化へ意欲を燃やす熊谷委員長は「部員たちが心から野球を楽しむことができる環境を整えたい」と人気復活へ期待を寄せた。

2019/04/19 のニュース

中学生へ基本動作を指導した

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.