盗撮行為で職員免職

副市長減給など発表/新城市

2019/04/24

新城市は23日、30歳の男性職員(主事)を22日付で免職の懲戒処分にしたと発表した。 市によると、男性職員は1月に名古屋市港区の商業施設で盗撮行為を行い、県の迷惑防止条例で通報後に事情聴取を受け、事実を認めた。 2015年に公務外非行(強制...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/04/24 のニュース

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.