昭和の歌謡曲など聴衆魅了

豊橋で三河市民合唱ク演奏会

2019/05/13

 三河市民オペラをきっかけに発足した混声合唱団「三河市民合唱クラブ」(中内茂樹団長)は12日、豊橋市草間町のアイプラザ豊橋で第4回演奏会(東海日日新聞社など後援)を開いた。日本の童謡や歌謡曲からプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」などを披露。100人を超す団員の歌声が会場を魅了した。

 指揮は近藤惠子さん、ピアノは平尾裕子さん、演出は村上裕二さんが手がけた。本格的な合唱曲から昭和の歌謡曲など多彩な演目が聴衆を楽しませた。ピンク・レディーの「サウスポー」では女性団員らがピンク色のストールを首にかけて登場。往年のヒット曲を振り付きで合唱し、喝采を浴びた。

 クラブは、2010年に設立。学生から大人まで幅広い世代のメンバーが合唱練習に励んでいる。

2019/05/13 のニュース

ピンク・レディーの振り付きで歌い、聴衆を楽しませる団員ら(アイプラザ豊橋で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.