どちらが好み?

「名工」の親子が伝統美VS和洋折衷/きょうから商家「駒屋」で作品展/豊橋

2019/12/14

 手作りの伝統美と和洋折衷。どちらが好み?豊橋市から卓越した技能の持ち主として認定された建具職人の親子が14日から、市内二川町の商家「駒屋」で作品展「二人のとよはしの匠(たくみ)」を開く。一般建具や指物(さしもの)など約20点を展示する予定...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/12/14 のニュース

「とよはしの匠」。松井國男さん㊧と美喜夫さん(市内清須町の自宅で)

作品の障子「曲組子」の展示準備をする美喜夫さん(豊橋市二川町の「駒屋」で)

共同作の「源氏ふすま」(同)

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.