ケルン大学の教授が訪問

豊橋工業高校の専門教育を調査

2020/02/11

ピルツ教授(左から2番目)の質問を受ける教諭ら

 職業教育について研究するドイツ・ケルン大学のマティアス・ピルツ教授が10日、豊橋工業高校(豊橋市草間町、加藤一史校長)を訪問した。同校の工業系専門教育について調査するため、教諭らに話を聞いた。 加藤校長をはじめ白井卓夫教務主任ら電機、機械...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2020/02/11 のニュース

ピルツ教授(左から2番目)の質問を受ける教諭ら

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.