京都から初里帰り「豊沢銅鐸」など

桜ケ丘ミュージアムで弥生時代の資料や復元品展示

2012/11/16

 豊川市内の遺跡群から出土した銅鐸(どうたく)や道具類を紹介する「弥生人の造形美―とよかわの北と南で」展が、豊川市桜ケ丘ミュージアムで開かれている。同市御津町で84(昭和59)年に発見された「豊沢銅鐸」が、京都から初めて里帰りするなど、貴重...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2012/11/16 のニュース

1つの鋳型で作られた「兄弟銅鐸」。左は広石で出土

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.