切り絵&とんぼ玉の世界

猫庵ジェントリーで15日まで工房天竜作品展

2017/02/10

 岡崎市の切り絵作家・髙山竜治さんととんぼ玉作家・髙山秀美さんの作品を展示販売する「工房天竜作品展」が、豊橋市東田町の猫庵ジェントリー2階展示室で開催されている。15日まで。

 動物イラストを制作していた竜治さんは、2010年からイラストを生かした切り絵を制作。「見てくれた人の気持ちが和むような切り絵を、一つひとつカッターを使って作っています」という。

 長野で初めてとんぼ玉作りを体験した秀美さんは、04年から本格的に制作。「自分が楽しいと思うとんぼ玉を作り、自分が欲しいと思う作品に仕立てています」と思いを込める。

 会場には、動物をテーマにした繊細で計算しつくされた切り絵作品や、色とりどりの輝きを放つ美しいとんぼ玉作品が並ぶ。来場者は、ネックレスやイヤリング、額装作品など約250点を楽しんでいた。

 11・12・15日に、とんぼ玉組立体験、11・12日は、けしごむはんが体験のワークショップあり。

詳細の問い合わせは、猫庵ジェントリー
=電話0532(39)3481=へ。

午前11時~午後4時30分。木曜定休。

2017/02/10 のニュース

繊細な手作業が生み出した切り絵作品

とんぼ玉で制作したひな人形

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.