「三河物語」写本か

豊川の鈴木さん8年前本家解体の際発見/専門家の協力期待/豊川

2017/02/10

 徳川家康に忠義を尽くした岡崎市出身の旗本、大久保彦左衛門忠教(1560~1639)が子孫に書き残した自伝「三河物語」の写本とみられる冊子が、豊川市萩町の鈴木重信さん(66)の資料から見つかった。

 「三河物語」は上中下の3巻から成り、徳川家や大久保家の経歴などが記されている。江戸時代には写本が出回り、武士から町民まで読まれた人気の書物だという。

 鈴木さんは山本勘助の兵法の師匠である鈴木日向守重教の末裔で、自宅近くの本家には歴史的な資料が数多く残されている。8年前に本家解体の際、「参河記」(みかわき)と書かれた古文書など3冊を見つけて持ち帰った。「その時はなんだかよくわからなかったけどね」と鈴木さん。それらはひどく傷み、くっついてめくれないページを、暇を見つけてはがす作業を進めた。同時に様々な書物などで調べるうち、書かれた内容の一部が彦左衛門の「三河物語」と一致しており、当時、写本は「三河記」「大久保忠教自記」などの別称で広まっていたことを知った。「これは三河物語では」。

 3日には、江戸後期である文久元年の文字、そして7日には新しくはがしたページから「三河物語第三」の記述が発見された。

 鈴木さんは「なぜ家にあったのか。また3冊の筆跡がそれぞれ違うように見える」と疑問も多いと言い、専門家の協力を期待。「彦左衛門ゆかりの地である幸田町なども含め、三河全体で興味を持ってもらえたら」と話した。

2017/02/10 のニュース

説明する鈴木さん(萩地区市民館で)

参河記と書いた書物

三河物語の文字

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.