「三河物語」写本か

豊川の鈴木さん8年前本家解体の際発見/専門家の協力期待/豊川

2017/02/10

 徳川家康に忠義を尽くした岡崎市出身の旗本、大久保彦左衛門忠教(1560~1639)が子孫に書き残した自伝「三河物語」の写本とみられる冊子が、豊川市萩町の鈴木重信さん(66)の資料から見つかった。 「三河物語」は上中下の3巻から成り、徳川家...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/02/10 のニュース

説明する鈴木さん(萩地区市民館で)

参河記と書いた書物

三河物語の文字

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.