信頼関係深化図る

10月開業国内最大級の品ぞろえ目指しMEGAドンキ/意見交換で地元自治会/登下校時の安全確保強く要望

2017/08/11

 豊橋市藤沢町の旧イトーヨーカドー跡に居抜き出店する「MEGAドン・キホーテ豊橋店」は、10月中旬にオープンする。 先に開かれた地元の小浜町自治会の組長会などでドンキホーテホールディングス関係者が明かしたもので、1階はヨーカドー時代と同じ場所に食品エリアやフードコートを設置し、生活関連の商品をそろえ、2階は衣料品やインポートブランド、雑貨などを販売する予定。全国でも最大級の品ぞろえを目指す。また建物の一部にパチンコ店などの遊技施設を誘致する計画で、店舗とは完全に引き離した状態となる。改装に伴って耐震工事も行い、安全性を高めていく。さらに現在の東側平面駐車場は約900台が収容できる立体駐車場を増設。来年春ごろ着工する予定。

 MEGAドン・キホーテ豊橋店の出店を歓迎する同自治会は同店との信頼関係を築く目的で、老人クラブや子ども会、行政や警察、学校関係者などを含めて10日、小浜町集会所で地元協議会を開催。一瀬皓詞店長をはじめとするドン・キホーテ関係者が出席し、意見交換をした。

 地元は車の出入り口や小学生登下校時の安全確保を強く要望。ドン・キホーテ側は、警備員を配置して出入りの流れがうまくいくように誘導するなど配慮することとした。

 同自治会の鈴木清博会長は「地元の企業として繁盛してほしい。末永く営業してほしい」と期待。それを受けて一瀬店長は「地域の皆さんはじめ、末永く愛される店を作っていきたい」と意気込みを語った。

 9月末には同社による地元説明会が開かれる。

2017/08/11 のニュース

意見交換をした地元協議会(小浜町集会所で)

店舗1階の改装計画図

店舗2階の改装計画図

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.