日本画家・高畑郁子さん絵2点寄贈

南部中で贈呈式『好きなことやり続けることの大切さ語る』

2017/09/12

 豊橋市在住の日本画家、高畑郁子さん(87)が、豊橋市南部中学校(宮崎正道校長)へ日本画2点を寄贈した。11日に同校で感謝状の贈呈式があり、出席した高畑さんが生徒らを前に好きなことをやり続けることの大切さを語った。

 寄贈した絵は、「太陽と木と町」(縦92センチ×横167センチ、1954年作)と「ブーゲンビリア咲く」(縦114センチ×横96センチ、1982年作)の2点。同校が今年創立70周年を迎えた記念に、高畑さんが同校区内に住む縁から贈呈することが決まった。

 贈呈式では、生徒会長の小野凌君(3年)が「学校では学ぶ機会のない日本画を贈っていただきうれしい」などと生徒を代表してお礼の言葉を述べた。高畑さんは「皆さんの若さを生かして好きなことをやり続けてほしい。私にとっては絵を描くことがまさにそうだった」などと生徒に思いを伝えた。

 寄贈された絵は、職員室前の玄関と、校長室前にそれぞれ飾られるという。高畑さんは、日本画家として長年創作活動に励み、昨年、地域文化功労者(文化庁)表彰を受けた。

2017/09/12 のニュース

お礼の言葉を述べる小野君㊨と高畑さん㊧(豊橋市南部中学校で)

寄贈した「太陽と木と町」

寄贈した「ブーゲンビリア咲く」

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.