過去最多202社が出展

商談会ほか様々な催しも/来月6、7日「かわしんビジネス交流会」

2017/09/23

 豊川信用金庫(半田富男理事長)は10月6、7日の午前10時から午後4時まで、豊川市総合体育館で、同信金創立80周年、豊川商工会議所70周年記念事業・ビジネス交流会「第13回かわしんビジネス交流会」(豊川市など共催)を開く。入場無料。

 県下で唯一の金融機関による同ビジネス交流会には、過去最多の202社の企業や団体が出展し、それぞれが自社の魅力をPR。多くの商談が行われる見込みで、販路拡大や新規顧客の確保を図る。今年も大手バイヤーを招いて地元企業の魅力を全国に発信するきっかけを提供する。

 会場では商談会のほか、6日は県との共催の「知財活用セミナー」や、とよかわ創業・起業支援ネットワークによる創業・経営支援ディスカッションイベント「夢を持つな!目標を持て!」を開催。カレーハウスCoCo壱番屋創業者特別顧問の宗次徳二氏らを迎える。

 7日には、産学官連携を目指して地元高校生によるビジネスアイデア発表会を開催。さらに、身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組み「IoT」のポイントを解説するセミナーも開催する。

 屋外では出展企業による商品販売や、市消防本部の防災啓発コーナーを設置する。今年は豊川商議所と友好会議所提携を結ぶ長岡商議所が出展する。

 開場式は、6日午前9時30分から。

2017/09/23 のニュース

2016年の様子

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.