三浦友和さんら招く関連イベも充実

「とよはしまちなかスロータウン映画祭」1月7日開幕

2017/11/02

 映画祭で中心市街地活性化に取り組む「第16回とよはしまちなかスロータウン映画祭」(同実行委員会主催)は、穂の国とよはし芸術劇場プラットを会場に、来年1月7日から始まる。16作品を一般上映し、俳優の三浦友和さんらを招いた関連イベントも充実している。

 映画祭の幕開けは1月7日、三浦さんを招いた「新春シネマ&トーク」。正午から、三浦さんが自ら選んだ主演映画「葛城事件」「RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ」を上映。2作品の間に三浦さんのトークショーが行われる。前売り2000円。

 豊橋市出身の石川慶監督の「愚行録」上映とトークショーは、2月10日午後6時から。石川さんは時習館高校から東北大学に進み、ポーランド国立映画大学に留学した経歴を持つ。長編デビュー作となる「愚行録」は、ベネチア国際映画祭にも出品された。前売り1000円。

 1月13日から2月11日までの土・日曜日に上映する一般作品は、洋画が「ブランカとギター弾き」「男と女」など9作品。邦画は、同映画祭で初のアニメ作品となる「この世界の片隅に」や、東三河でロケが行われた「だれの椅子?」など7作品。前売りは単券500円、通し券2500円。

 クレイジーケンバンド横山剣さんの主演映画「イイネ!イイネ!イイネ!」の上映とトークショーは1月28日午後2時30分から。前売り2000円。

 前回好評だった、音楽評論家ピーター・バラカンさんによるトーク&DJイベントを今年も開催。2月3日午後7時から、ボレロ吾妻家で。前売りは1ドリンク付きで2500円。

 チケット販売は、プラットチケットセンターなどで4日から。詳しくは同実行委員会ホームページ(http://www.slowtown.info)で。

関連リンク

2017/11/02 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.