楽しんで作った楽茶碗44点

ほの国百貨店で10年ぶり/鈴木五郎さん9日まで個展

2018/01/06

 豊田市の陶芸家、鈴木五郎さんの個展「樂(らく)」は、豊橋市駅前大通2のほの国百貨店7階美術画廊で開催している。鈴木さんがえりすぐった楽焼きの茶碗(ちゃわん)がずらりとそろう。9日まで。

 同画廊で鈴木さんの個展は10年ぶり。「樂」の字にちなんで、楽しんで作ったという鈴木さんの楽茶碗44点を披露した。楽焼きの基本である白、黒、赤の茶碗をはじめ、新年にふさわしい赤富士を描いた「色絵」、鈴木さんのトレードマークともいえるおなじみのカラスを入れ込んだ茶碗なども並ぶ。画廊入り口では、新年の花を生けた「弥七田花入れ」が出迎えてくれる。

 「型にはまらない、独創的な作品を次々と手がける鈴木先生の作品をゆっくりとご覧いただきたい」と、担当者は話す。

2018/01/06 のニュース

鈴木さんの楽茶碗が並ぶ(豊橋市駅前大通2のほの国百貨店で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.