一般上映が始まる

とよはしまちなかスロータウン/オープニング映画飾る「この世界の片隅に」の片渕監督が舞台あいさつ

2018/01/14

 第16回とよはしまちなかスロータウン映画祭(同実行委員会主催)の一般上映が13日、豊橋市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場プラットで始まった。

 オープニングを飾るアニメ映画『この世界の片隅に』上映を記念し、サプライズゲストとして片渕須直監督(57)が登場。上映前の約20分間、舞台あいさつを行った。

 同名の漫画(こうの史代著)を原作とする映画は、太平洋戦争中から戦後の広島県呉市が舞台。主人公すずを中心に、困難な時代に生きる市井の人々の日常をいきいきと描いた。

 片渕監督は、「2016年の公開からロングラン上映を続けている。クラウドファンディングで制作費を支援頂いた皆様と、映画館に来場頂いた皆様のおかげ」と感謝を表し、長尺版を今年中に公開予定だと明かした。
 作品では「食べ物も服も足りない時代に、すずさんが服を作り直して着ているなど、工夫して日々生きる姿を見てほしい。最後のクレジットまで物語があるから見逃さないで」と呼び掛けた。

2018/01/14 のニュース

あいさつする片渕監督(穂の国とよはし芸術劇場プラットで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.