豊川が8強入り

第101回全国高校野球選手権愛知大会/桜丘も豊橋中央との乱打戦制し

2019/07/24

 第101回全国高校野球選手権愛知大会は23日、県内4球場で5回戦8試合が行われ、東三河勢は桜丘と豊川が準々決勝へ勝ち上がった。

 豊橋市民球場の第1試合は、地元校同士の意地と意地がぶつかり合うシーソーゲームとなった。両校ともに譲らず一進一退の激しい攻防戦が続き、最後は桜丘に軍配が上がった。

 桜丘は4回、杉浦貫太の2点適時打で同点とすると、4番の堀尾陸が豪快な3点本塁打を放ち逆転した。しかし、粘る豊橋中央も7回に中川拓真の満塁本塁打で再逆転。だが、攻撃の姿勢を崩さない桜丘は、その裏に中神秀介が甘く入った直球を左中間へ弾き返して再々逆転し、激熱の壮絶な乱打戦に終止符を打った。

 同球場の第2試合では、豊川がシード校の誇りを胸に快勝した。豊川は、6回に中神達哉と松山力汰の連続適時打で勝ち越し。最終回にも家田隼暉の適時打などで2点を奪い、5―1で8強入りした。

2019/07/24 のニュース

桜丘は堀尾陸が本塁打など投打で活躍(豊橋市民球場で)

攻守で豊川を支えた松山力汰(同)

第101回全国高校野球選手権愛知大会今後の対戦

有料会員募集

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.