22日からダイヤ改正

豊橋鉄道市内線と渥美線

2021/05/18

 豊橋鉄道(豊橋市駅前大通1、小笠原敏彦取締役社長)は22日、市内線と渥美線のダイヤを改正する。

 市内線は、平日午前6時台の運動公園発の始発を5分繰り上げ午前6時05分とし、この間の運行本数を2本から4本にする。午前9時~午後5時台の時間帯は駅前発赤岩口行きを毎時07分、22分、37分、52分に、駅前発運動公園前行きを毎時00分、15分、30分、45分にして上下線とも1時間あたり8本とする。

 また、駅前発赤岩口行きの最終電車を5分繰り下げ午後11時50分とする。ほかに全体の運行時間を若干見直し、定時性の確保に努めるという。

 渥美線は、午前7時~8時台の運行時間を一部見直す(運行本数には変更なし)。午後10時台は上下線とも4本から3本に変更し、約20分間隔で運行する。それ以外に大きな変更はないという。

 詳しくは豊橋鉄道または名古屋鉄道のホームページのダイヤ・運賃検索で確認できる。

2021/05/18 のニュース

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.