国道1号で事故撲滅など訴え

下地校区自治会が夏の交通安全市民運動行う

2021/07/17

交通安全を訴える鈴木署長ら参加者(豊橋市下地町で)

 豊橋市下地校区自治会(冨永正彦会長)は15日、ヤマサちくわ下地店(市内下地町)周辺の国道1号沿いで、夏の交通安全市民運動を行った。総勢約110人が参加した。 県内一斉の大監視に合わせ、豊橋署、同市役所、県東三河総局、交通安全協会豊橋支部、...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/07/17 のニュース

交通安全を訴える鈴木署長ら参加者(豊橋市下地町で)

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP