【ティーズ】番組から 

生ハム専門店で手作り食べて感動

いろどりテーブル/サンドイッチモーメント(豊橋市)

2021/07/23

オーナーの金原夫妻と共田リポーター(右)=豊橋市西岩田で

【ティーズチャンネル/いろどりテーブル】
 今回、共田佑衣リポーターが訪れたのは、今年、豊橋市西岩田にオープンした「SANDWICH MOMENT(サンドイッチモーメント)」。国内でも珍しい国産生ハムの専門店だ。国内各地の生ハムや、生ハムを挟んだパニーノ(イタリアンサンドイッチ)が楽しめる。

 オーナーの金原慶造さんは、イタリアの生ハムに衝撃を受け、生ハムの店を始めようと決意。生ハムについて調べるうちに、国産生ハムのおいしさにほれ込み、日本全国の生産者を回って、おいしい生ハムを探しぬいた。店名には、「サンドイッチや生ハムを食べた感動が、一生残るように」という願いが込められている。

 最初に共田リポーターが試食したのは、季節によって異なるという「切り立て生ハム」。今回は、秋田県産、千葉県産、青森県産の3種類を食べ比べ。秋田の「柴田畜産」の生ハムは、豚にリンゴを食べさせているため、「フルーティーな甘み」があり、千葉の「惣左衛門」の生ハムは「柔らかく、濃厚」。青森の「おおわに自然村」の生ハムは、30カ月熟成で、酒にも合う「深みのある味」が特長だ。

 「パニーノプレート」(税込み1610円)は、手作りの副菜2種類と、国産生ハム2枚が付いてボリュームたっぷり。生ハムやパニーノは、テイクアウトも可能だ。

熟成した生ハムでサンドイッチやお酒を楽しむ

2021/07/23 のニュース

オーナーの金原夫妻と共田リポーター(右)=豊橋市西岩田で

熟成した生ハムでサンドイッチやお酒を楽しむ

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.