きょう夜 県に最接近へ

台風18号/土砂災害や浸水など警戒呼びかけ

2017/09/17

 大型で強い台風18号は16日午後、東シナ海をゆっくりした速さで北東へ進んだ。17日には九州にかなり接近または上陸し、強い勢力を保ったまま、愛知県に同日夜のはじめ頃から18日未明にかけて最も接近する見込み。名古屋地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高波などに警戒を呼び掛けた。

 台風の接近に伴って前線の活動が活発となる。17日に県東部の多い所で予想される1時間雨量は、60ミリ。同日午後6時までの24時間雨量は、120ミリ。

 同日に予想される最大風速は、陸上で15メートル、海上で20メートル。最大瞬間風速は陸上と海上共に30メートル。

 海上は、うねりを伴い大しけとなる見込み。同日に予想される波の高さは、外海6メートル、内海4メートル。

 気象庁によると、16日午後5時現在、台風18号の中心気圧は965ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は35メートル。

2017/09/17 のニュース

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.