豊川でバレー教室

スポーツ少年団2チーム70人が参加/元日本代表選手らが指導

2017/09/17

 豊川市は16日、豊川市農業者トレーニングセンターで、スポーツ選手ふれあい指導事業として日本電気(NEC)バレーボールチームの元選手たちを講師に招いた「NECロケッツバレーボール教室in豊川市」を、開催した。同市スポーツ少年団に加盟するバレーボールチームのひまわりクラブと豊川リープスの団員たち、小学1年から6年まで計70人が参加した。

“子どもたちにやる気”伝える

 「NECブルーロケッツ」OBで元全日本男子代表の大竹秀之さん(50)は、「楽しむことが大事。何にでも挑戦する気持ちでやってください」と参加者に呼びかけ、「NECレッドロケッツ」OGで元全日本女子代表の白垣里紗さん(26)と鳥越未玖さん(24)ら計8人で指導にあたった。

 鳥越さんは、「バレーボールはひとりではできない。相手を思いやるプレーも学んでほしい」と話し、一人ひとりに寄りそう指導で子どもたちのやる気を促した。

 ひまわりクラブ保護者代表の牧本伸子さんは「一流選手の指導を直接受けられることは貴重な体験。何かひとつでも感じてくれたら」と子どもたちの頑張りに期待した。

2017/09/17 のニュース

白垣里紗さんとレシーブを練習(豊川市農業者トレーニングセンターで)

子どもたちの目線でアドバイスする鳥越未玖さん(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.