11月 から「運動サポートセンター」開設

指導士が助言!生活習慣病など改善・予防目指す/蒲郡市

2017/10/19

 生活習慣病などを予防するため、蒲郡市は11月1日に、浜町の保健センター1階に「運動サポートセンター」を開設する。施設では、指導士の助言を受けながら運動を行い、肥満や高血圧などの症状がある市民が健康体を目指す。市職員は「運動習慣のない人が利用して、健康体になってほしい」と呼びかける。

 利用対象者は、特定健診や人間ドックなどで、高血圧や高い肥満度などが判明している市民や市内在勤者。初回に健康測定を行い、2回目以降は「健康運動指導士」の助言に沿った運動を行って、体質改善に取り組む。

 個々の体調に沿った運動を実施。利用者は3カ月後に健康度を測定して、体調をチェックする。

 市健康推進課統括保健師の石黒美佳子さんは「無理なく健康になれる運動を学んで、自宅でも実践してほしい」と話す。

 同市は、2011年度にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者が県内ワーストを記録。出張健診や料理教室など、健康づくりに関する施策を展開している。

 サポートセンターでは、運動やスポーツ経験のない市民に体のケアの仕方などを指導。市民の健康寿命を延ばし、医療や介護費の削減効果も見込む。

 利用料は1回200円。初回は要予約。申し込み、問い
合わせは保健センター=電話0533(67)1151=へ。

2017/10/19 のニュース

11月に開設する「運動サポートセンター」(蒲郡市保健センターで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.