鳳来中「共育駅伝」開催

園児や地域住民らが選手生徒を応援

2017/12/19

 「一生懸命走る姿で、地域の人に感動と元気を届けよう」という新城市鳳来中学校(生徒数214人)の「共育(ともいく)駅伝」が18日、園児や小学生、住民らの応援の中、同校とその周辺で行われた。

 この駅伝を、地域と一体化した行事にしたいという願いで、地域や小学校などに応援を呼びかけた。

 この共育駅伝に、昨年共育を推進する市教委職員チームが参加。今年は、市教委に加え鳳来支所職員もチームをつくって参加した。

 1チーム7人で行う同駅伝は、生徒らの23チームにこの2チームが加わり、合計25チームで行われた。同校グラウンドを中継点とし、一人1周1600㍍余りのコースを走る。

 中嶋隆文校長が「本校は創立50周年。日本で生まれた駅伝は今年がちょうど100周年。多くの方の応援もあり、今日はここが共育の場になる。自身をもって走り抜けてほしい」と激励。競技が始まった。

 好天に恵まれたこの日、生徒らは起伏の激しいコースを地域住民の応援を背に駆け抜けた。コース近くの鳳来こども園の園児も小旗を振りながら「がんばれ」とかわいい声援を送っていた。

 走り終えた神谷龍哉君(15)は「中学最後の駅伝。自分なりに満足のできる走りができた。園児の応援を受けると自然にペースが上がった」と笑顔で話した。

2017/12/19 のニュース

園児らの声援を受けて走る(新城市鳳来中学校周辺で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.