恐竜たちがさっぱり!

豊橋市自然史博物館で恒例の標本大掃除

2017/12/23

 豊橋市大岩町の豊橋総合動植物公園内にある市自然史博物館は22日、この時期恒例となった恐竜の標本の大掃除を実施した。恐竜たちは、1年間の汚れをきれいに取り除いてもらいさっぱり。気持ちよさそうにしていた。

 作業には、博物館の学芸員ら職員11人と登録ボランティア19人が参加。

 博物館内で展示している実物恐竜化石のエドモントサウルスや迫力あるティラノサウルス、トリケラトプスといった全身骨格標本12体と、野外恐竜ランドの恐竜模型10体を掃除した。

 館内の恐竜は、刷毛(はけ)を使って少しずつ慎重にほこりを払い、野外の恐竜は、デッキブラシでゴシゴシと汚れを落としていった。

 恐竜の大掃除は、1993(平成5)年より毎年12月に行っている。

2017/12/23 のニュース

慎重に刷毛を動かす(豊橋市大岩町の市自然史博物館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.