遠距離大量送水で合同訓練

海や川の水使い大規模火災に備える/豊橋・田原消防本部

2017/12/23

 豊橋、田原市の両消防本部は22日、田原市野田町の農業公園「サンテパルクたはら」で、遠距離大量送水システムを使った初めての合同訓練を行った。

 同システムは、海や川からポンプとホースで毎分3トンの水を1キロ先まで送る能力がある。1年前の新潟県糸魚川市の大規模火災を教訓にした訓練では、豊橋市消防本部が保有する大口径のホースを使い、田原市消防本部のポンプ車とつないで応援の協力体制を確認した。

 両消防本部から計40人が参加。担当者の説明を聞きながら、通常の2倍以上の太さのホースを何本も連結させた上で、公園内の池の水をくみ上げて6口のホースから放水した。

 力強い放水を見て、田原市消防署の松本孝章さんは「木造密集地を火災から守るために、遠距離大量送水システムが有用だと分かった。大規模災害時には豊橋市消防本部に協力を求めたい」と話した。

2017/12/23 のニュース

6口のホースから一斉放水(サンテパルクたはらで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.