鳳来寺山傘杉しめ縄飾り奉納

新年迎える準備整う/人々の安全と健康祈願

2017/12/30

 新城市鳳来寺山傘杉しめ縄飾り奉納は29日、新城市門谷の同寺表参道で行われ、石段1425段の途中に威風堂々とそびえ立つ巨木に、今年も新しい大しめ縄が張られ新年を迎える準備が整った。

 表参道の仁王門先にある樹齢800年以上の傘杉は、高さ60メートル、幹周り7・5メートルで新日本名木百選に選ばれている。

 年末の恒例行事となった大しめ縄張りは、30年以上前に鳳来寺山麓生産組合が始め、組合員の高齢化などにより一時中断したが、地元住民が保存会を立ち上げ、収穫の感謝や地域発展を願って2011年に復活した。

 この日は、鳳来寺小学校の児童らが旧門谷小学校から長さ7・5メートル、直径15センチ、重さ25キロの大しめ縄を運び、保存会のメンバーが巨木に縛りつけた。

 大しめ縄は、毎年この時期に付け替えているが、来夏にも付け替える予定だ。

 神事では、藤本高仝住職が傘杉の周りに清めのお神酒を捧げ、参加者全員で手を合わせ、新年の平穏無事を祈った。

 保存会の小笠原則彦会長は「今年も無事に過ごせたことを感謝する。2018年が素晴らしい1年になるように、人々の安全と健康を祈願したい」と話した。

2017/12/30 のニュース

保存会メンバーが大しめ縄を巨木に縛りつけた(新城市鳳来寺山表参道で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.