コメディカルへの理解深める

東三河地域の高校生ら/豊橋市民病院で仕事現場見学

2018/08/11

 東三河地域の高校生が8日、豊橋市民病院で、医療スタッフ(コメディカル)の仕事現場を見学した。

 診療放射線技師や臨床検査技師、理学療法士などの志望者増につなげる狙いで、同病院が2年前の夏休みに始めた体験企画。今年は12校から41人が参加し、7つの職種の現場を訪れ、説明や体験を通じて仕事への理解を深めた。

 3年生の女子生徒は「ネットの記事だけでは分からないことを知ることができた。受験勉強にも、さらに力が入る。数年後に豊橋市民病院に就職できるよう頑張る」と話した。

 同病院の山口育夫診療技術局長は「コメディカルについて、より広く理解してもらい、将来当院で一緒に働いてくれることを願っています」と期待を寄せた。

2018/08/11 のニュース

臨床工学技士の仕事を体験する高校生(豊橋市提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.