多彩な企画で広がる輪

ゆずりは学園田原校で学園祭

2018/08/19

 田原市野田町のゆずりは学園田原校(沓名和子学園長)は18日、同校でゆずりは学園祭を開催した。生徒会主催ゲームやバザー、屋台、流しそうめん、花火大会、演歌歌手の夏川明子さんのライブなど多彩なイベントに、保護者など多くの人が訪れた。

 学園祭には、県内外から国際ボランティア「NICE」のメンバー19人も参加。その中には卒業生の姿もあった。

 沓名智彦理事長(66)は、「学園祭は、私たちと若い人たち、教員や生徒たちが、お互いに仲良くなる機会。年を追うごとに輪が広がっているのがうれしい」と話した。

 同校は、2008年に開校。小学生から青年まで、発達障害や引きこもりの子どもたちの「居場所」として、自立支援を行う。現在の生徒数は110人。学園祭は、今年で14回目となる。

2018/08/19 のニュース

集合写真に収まる学園関係者や生徒、ボランティアたち

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.