国内外の風景など力作並ぶ

9日まで市民文化会館/日本水彩画会豊橋支部が秋の作品展

2018/09/05

 日本水彩画会豊橋支部(小出敏行支部長)による「秋の作品展」は9日まで、豊橋市向山大池町の市民文化会館2階第1展示室で開かれている。

 出品されているのは、支部員27人から国内外の風景や人物、静物など8~20号サイズの54点。6月の第106回日本水彩展で一般出品の最高賞を受賞した山田祥恵さんが、受賞作の原画「皮染色場Ⅱ」を出しているほか、小出支部長も東栄町の春の風景「春爛漫」と自らの心を表現した「雲」を展示している。

 支部では今年、一般から山田さんを含む3人が会友へ昇格した。小出支部長は「個々の努力、絵に対する情熱が素晴らしい」とたたえた。

2018/09/05 のニュース

支部の成果を披露する「秋の作品展」(豊橋市民文化会館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.