東三河穏やかに立冬来る

それでも夏の名残/田原市の法光院で熱帯スイレン咲く

2019/11/09

熱帯スイレンを眺め、夏の名残を楽しむ片岡住職(田原市の法光院で)

 暦の上で冬が始まるとされる「立冬」の8日、東海地方は高気圧に覆われ、穏やかな天候に恵まれた。最高気温は午後5時現在で、新城市が20・1度、田原市・伊良湖と蒲郡市が19・0度といずれも平年並みに戻った。しかし、伊良湖では最高気温の平均が10...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/11/09 のニュース

熱帯スイレンを眺め、夏の名残を楽しむ片岡住職(田原市の法光院で)

サザンカも咲き出し、初冬の模様も(同)

有料会員募集

今日の誌面

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP