夏目さんに聞く札幌ハーフ展開予想

日本代表内定の鈴木亜由子ら参戦で激しい混戦に

2021/05/04

 東京五輪女子マラソン日本代表内定の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が、5月5日に北海道で開催される「札幌チャレンジハーフマラソン2021」に出場する。恩師の夏目輝久さんに、激しい混戦が予想されるレースの展望を聞いた。

 今大会は、東京五輪とほぼ同じコース。日本代表内定の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)のほか、松田瑞生(ダイハツ)ら実力者が数多くエントリーしている。

 鈴木は、3月の名古屋ウィメンズマラソン2021を左脚外側大腿二頭筋腱炎症で回避。このレースが昨年11月の全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)以来約半年ぶりの実戦復帰となる。

 夏目さんは「名古屋ウィメンズを無理せず回避し、その後は順調に練習できていると聞いている。亜由子はレースになると気持ちが強く入るので、コツコツと地道に課題を乗り越えてきた成果がしっかり出せるとうれしい」と話した。
 レース展開については「松田が意地を見せて、最初から飛ばし気味で行きそうな気がする。おそらくスローにはならないだろう。前田は調子が上がっていないようだし、一山と亜由子の優勝争いになるのではないか」と予想した。

 鈴木のハーフマラソン自己記録が約2年前の香川丸亀国際ハーフマラソンでの1時間7分55秒。「本来の実力が出せれば余裕を持ちながらトップについていける。10キロぐらいまでは後方で様子を見て、残り5キロ過ぎの勝負どころに誰かが仕掛けると思う。ただ、今回は勝ち負け以上に、これまでのスピード強化が試されるレースになる。けが明けでどれだけ走れるか、できれば1時間8分台でのフィニッシュを」と語った。

 さらに「今回のレース内容を、東京五輪のフルマラソンにつなげるような走りをしてほしい。大会後から本番までの約2カ月間が、亜由子にとって重要な位置付けとなる。大きなステップにしてもらいたい」と述べた。

2021/05/04 のニュース

夏目さんがまな弟子の走りに期待を寄せた

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.