署名969筆が集まる

有効署名数の審査へ/東栄町長のリコール

2021/05/04

 東栄医療センターで透析継続を求める町民団体「東栄町をよくする会」は3日会見し、町長リコールに必要な908筆を上回る署名が集まり、町選管に提出すると発表した。

 この会は6日、1日までの期限で集まった署名969筆を町選管に提出する。審査は20日間(延長あり)行われ、審査で有効署名数が908筆を上回れば、60日以内に住民投票が実施され、有効投票総数の過半数が賛成すれば町長は失職する。

 会の西谷賢治代表は「多くの町民から協力を得て、1筆1筆を積み上げて目標を達成できた。非常に厳しい状況だった」と述べ、署名活動で公平性を疑う不可解な出来事もあったことを明かした。

 署名集めに協力してくれた人からは「町民の意見を受け止め、町長は正々堂々と戦ってほしい」「町長は税金の大切さが分かっていない」「署名活動は町政の問題」などの意見が出された。

 町は今の医療センター(旧東栄病院)の規模縮小を図り、東栄医療センター・保健福祉センター(仮称)の来年7月の供用を目指す。一方、町民団体は人工透析や救急医療などの継続を求めており、町と対立している。

2021/05/04 のニュース

西谷代表㊥が医療の大切さを訴えた

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.